読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もた日記

くだらないことを真面目にやる

Railsメモ(3) : rails consoleを使いやすくする

rails consoleを使いやすくしたり、見やすくしてみる。
いろいろと調べたところ以下のキーワードが引っかかったのでそれぞれ試してみる。

  • pry-rails
  • Hirb
  • awesome_print

pry-rails


rails consoleをirbからPryに変更する。
Gemfileにpry-railsを追加してbundle installする。

group :development, :test do
  gem 'pry-rails'
end


rails consoleを起動するとPryに変更されており、helpを打つと利用可能なコマンドが確認できる。例えば全てのモデルの定義を見るには下記コマンドを実行する。

[1] pry(main)> show-models
Song
  id: integer
  title: string
  display_artist: string
  ranking: integer
  year: integer
  created_at: datetime
  updated_at: datetime

Hirb


Hirbを使って出力を表形式にする。
Gemfileにhirbhirb-unicodeを追加してbundle installする。
hirb-unicodeは日本語などマルチバイト文字が入る場合に出力が乱れないようにするために必要。

group :development, :test do
  gem 'hirb'
  gem 'hirb-unicode'
end

rails consoleにPryを使用している場合、このままでは起動時にHirbが有効にならないため.pryrcに下記設定(PryのWiki参照)を記述してホームディレクトリかプロジェクト直下に配置しておく。

begin
  require 'hirb'
rescue LoadError
  # Missing goodies, bummer
end

if defined? Hirb
  # Slightly dirty hack to fully support in-session Hirb.disable/enable toggling
  Hirb::View.instance_eval do
    def enable_output_method
      @output_method = true
      @old_print = Pry.config.print
      Pry.config.print = proc do |*args|
        Hirb::View.view_or_page_output(args[1]) || @old_print.call(*args)
      end
    end

    def disable_output_method
      Pry.config.print = @old_print
      @output_method = nil
    end
  end

  Hirb.enable
end

これでHirbが起動時に有効になり、以下のように出力が表形式になる。一時的にHirbを無効にしたい場合はHirb.disableを実行。再度有効にしたい場合はHirb.enableを実行。

[1] pry(main)> Song.all
  Song Load (1.6ms)  SELECT "songs".* FROM "songs"
+----+------------+------------------------------+---------+------+-------------------------+-------------------------+
| id | title      | display_artist               | ranking | year | created_at              | updated_at              |
+----+------------+------------------------------+---------+------+-------------------------+-------------------------+
| 1  | Happy      | Pharrell Williams            | 1       | 2014 | 2015-08-04 11:34:44 UTC | 2015-08-04 11:34:44 UTC |
| 2  | Dark Horse | Katy Perry featuring Juicy J | 2       | 2014 | 2015-08-04 11:35:38 UTC | 2015-08-04 11:35:38 UTC |
| 3  | All of Me  | John Legend                  | 3       | 2014 | 2015-08-04 11:36:15 UTC | 2015-08-04 11:36:15 UTC |
+----+------------+------------------------------+---------+------+-------------------------+-------------------------+
3 rows in set

awesome_print


awesome_printを使うと色付きで綺麗にインデントして表示される。
Gemfileにawesome_printを追加してbundle installする。

group :development, :test do
  gem 'awesome_print'
end

awesome_printも起動時にデフォルトでは有効にならないため.pryrcに下記設定(PryのWiki参照)を記述してホームディレクトリかプロジェクト直下に配置しておく(Hirbの設定を優先したいので、awesome_printの設定はHirbの設定の前に記述しておく)。

begin
  require 'awesome_print'
  Pry.config.print = proc { |output, value| output.puts value.ai }
rescue LoadError => err
  puts "no awesome_print :("
end

これでawesome_printが起動時に有効になり、以下のような表示になる。なお、Hirbが有効でも先頭にapを付ければ出力がawesome_print形式になる。

f:id:wonder-wall:20150807210142p:plain

パーフェクト Ruby on Rails

パーフェクト Ruby on Rails